ガス保安

TOPページ > ガス保安 > 立入検査関連 > 平成22年度ガス事業法に基づく立入検査実施結果について

平成22年度ガス事業法に基づく立入検査実施結果について

当事務所では、管内の簡易ガス事業者に対して、ガス事業法第47条第1項の規定に基づき、法の遵守状況等の確認のため、毎年、立入検査計画を策定して立入検査(保安に関する部分に限る。)を実施している。

なお、検査対象事業者の選定については、全事業者を概ね3年に1回の頻度で実施するよう選定している。保安不備等でガス事故が発生した事業者については、適宜実施している。

1.検査事項
  • (1)法第28条第1項に規定する技術上の基準への適合状況
  • (2)法第30条第1項に規定する保安規程の遵守状況
  • (3)法第31条第1項に規定するガス主任技術者の選任状況並びにガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安監督の職務状況
  • (4)法第36条の2の2第1項に規定する使用前自主検査及び法第36条の2の4に規定する定期自主検査の実施状況
  • (5)法第40条の2第1項及び第2項に規定する消費機器に関する周知及び調査の実施状況
  • (6)その他ガス事業法の保安に関する規定の遵守状況
2.平成22年度実施状況
  • (1)実施件数
  • 簡易ガス事業者 14社(25供給地点群)
  • (2)実施期間
  • 平成22年5月~平成23年2月
  • (3)結果概要
  • 検査を行った事業者のうち、13社(22供給地点群)で、不適切な事項があったため、文書により改善指示を行った。その結果、全事業者から改善報告書の提出があり、改善されたことを確認した。

文書による改善指示事項等を以下に示す。なお、件数は、供給地点群毎に指示した数で、事業所毎では重複する分も含めた数となっている。

平成22年度実施状況の改善指示事項の件数
改善指示事項等 関係条文等 件数
    技術基準の適合状況
  • 導管の漏えい検査を実施すること
  • 遮断装置に誤操作防止措置を講じること
  • 遮断装置に係る配管にガスの種類及び方向を表示すること
  • 液化ガス用貯槽に気相部の圧力を計測できる装置を設置すること
    法第37条の7(準用:法第28条)
  • 技省令第51条、解釈例第113条
  • 技省令第20条第1項
  • 技省令第20条第1項、解釈例第75条
  • 技省令第18条、解釈例第73条

  • 1
  • 1
  • 2
  • 1
    保安規程の遵守状況
  • 保安管理組織を変更した場合は、遅滞なく届出ること
  • 保安管理者・ガス主任技術者の職務を遂行すること
  • 保安管理者・ガス主任技術者は記録を確認し、その旨記録すること
  • 保安教育の計画を作成し、実施状況を記録すること
  • 他工事による立会いを記録すること
  • 他工事の把握に努めること
  • 巡視・点検・検査を定められた頻度で実施し、記録すること
  • 保安規程を変更し、巡視・点検・検査を実施すること
  • 「ガス工作物の運転、操作方法」の実施状況を確認すること
  • 「ガス工作物の運転、操作方法」を周知し、記録すること
  • 高圧ホースの期限切れ
    法37条の7(準用:法30条)













  • 4
  • 1
  • 9
  • 7
  • 2
  • 2
  • 6
  • 1
  • 6
  • 8
  • 2
    その他法の遵守状況
  •  

 

  •  
合計 53

【注】法:ガス事業法、規則:ガス事業法施行規則、技省令:ガス工作物の技術上の基準を定める省令、技告示:ガス工作物の技術上の基準の細目を定める告示、解釈例:ガス工作物技術基準の解釈例

ページトップへ